アレルギー性鼻炎治療に体質改善!

子供のアレルギー性鼻炎のサインと対策

子供のアレルギー性鼻炎のサインと対策

子供のアレルギー性鼻炎になった時に出てくる主な症状は、くしゃみ、鼻水、鼻づまりで、大人と同じ症状です。

 

ただ、子供の場合には、鼻づまりがひどくなり、また気管支ぜんそくや副鼻腔炎など合併症が起きやすくなります。

 

それに子供は、自分の具合の悪さを保護者に上手に伝えることができません。

 

なので、悪化してから見つかることが多いのです。

 

子供,鼻水,鼻づまり,アレルギー,漢方薬,鼻炎

鼻をこすったり、ほじったりする仕草は、子供からのサインですから、しっかり見守ってあげてください。

 

頭痛が出る時も同じです。

 

早めの医療機関の受診をお勧めします。

 

アレルギー性鼻炎は同治療をしていけばいいのでしょう。

 

まずは外的要因に対策が必要です。

 

アレルギー性鼻炎の原因とは、ホコリ、ダニ、花粉、ハウスダスト、カビがアレルゲンとなっています。

 

これらが無ければアレルギー性鼻炎にはならないということですね。

 

なので、アレルゲンを極力減らすことに注意を払いましょう。

 

具体的には、空気をきれいにするために空気清浄機を使う、こまめに掃除する、マスクをつけて体の中にアレルゲンを入れない、周りの人がタバコを吸わない、乾燥しないよう加湿器を使う、などで対策をすることができます。

 

内的要因に対する対策です。

 

これは薬による治療が、主な対策になります。

 

個人差があることなので、一概には言えませんが、市販薬での治療は避けたほうがいいでしょう。

 

この理由は一時的に改善できても、かえって悪化させてしまうことがあるからです。

 

特に市販の点鼻薬を長期に使い続けることは、慢性鼻炎の原因を作ることになるため避けてください。

 

代わりに医師の処方を受けた薬を使うようにしてください。

 

手術での緩和方法もあります。

 

まずは自分で簡単にできる対策方法を実践するようんしましょう。

 

○十分に睡眠をとる
○適度に運動をする
○バランスよく食事を摂る
○乾布摩擦で体の抵抗力を上
○たいものを食べ過ぎない

 

これらを医師の指導に基づいて実践してみてください。

コンテンツ

© Copyright 2016 アレルギー性鼻炎治療に体質改善!All Rights Reserved.